北朝鮮に関する国連の機密報告書が明らかに

© Sputnik / Илья Питалев北朝鮮
北朝鮮 - Sputnik 日本, 1920, 06.02.2022
国連の機密報告書によると、北朝鮮は昨年、核兵器や弾道ミサイル開発を継続した。また暗号資産(仮想通貨)取引所へのサイバー攻撃は、引き続き北朝鮮の収入源であり続けているという。ロイター通信が抜粋の内容を報じた。
報告書によると、北朝鮮は核分裂性物質の生産能力を増強しており、ミサイル実験においても著しく前進した。
また北朝鮮は依然として核や弾道ミサイルのインフラ開発に取り組んでおり、サイバー攻撃を仕掛けたり、共同科学研究などを通じて、開発に必要な「材料、技術、ノウハウ」を外国で探しているという。
金正恩氏 - Sputnik 日本, 1920, 02.02.2022
北朝鮮 金正恩氏の功績ドキュメンタリー「偉大なる勝利」 放映まで内容極秘
さらに北朝鮮は、暗号資産(仮想通貨)取引所へのサイバー攻撃も行っており、国庫収入の著しい部分をサイバー攻撃で得たという。
一方、北朝鮮の人道状況は悪化を続けている。これについて報告書は、新型コロナウイルス対策による国境封鎖と関連している可能性があるが、情報が不足しているため特定するのは困難だと指摘している。
関連ニュース
米国、北朝鮮との首脳会談に応じる姿勢=米国連大使
北朝鮮、地球の写真を公開 ミサイル設置のカメラ、宇宙から撮影
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала