NASA、「潜在的に危険」な小惑星が地球に接近すると警告

© 写真 : Pixabay小惑星
小惑星 - Sputnik 日本, 1920, 06.02.2022
フォローするGoogle news
小惑星138971(2001 CB21)が3月4日、地球に接近する。ニューズウィークが米航空宇宙局(NASA)を引用して報じた。
天文学者らによると、この大型の小惑星の直径は約1.3キロ(4265フィート)で、エッフェル塔の高さの4倍。日本時間3月4日午後7時頃に地球の近くを通過すると予想されている。学者らは、時速4万3000キロ超で移動していると警告した。
NASAは138971(2001 CB21)を「潜在的に危険」な小惑星と分類した。一方、学者らは、近い将来に地球と衝突することはないとの確信を示している。
関連ニュース
来夏に地球と衝突の危険性の小惑星が発見
直径1キロの小惑星が地球にもうすぐ接近 NASAが発表
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала