高梨沙羅選手、1回目失格 スーツ規定違反で スキージャンプ混合団体

高梨沙羅選手 - Sputnik 日本, 1920, 07.02.2022
北京五輪スキージャンプ混合団体の1回目で、日本の高梨沙羅選手がスーツの規定違反で失格となった。日本の各マスコミが報じた。
報道によると、高橋選手は日本の1番手として103メートルの大ジャンプを見せたが、その直後、スーツの規定違反で失格となり、得点が無効になった。
なお、他のチームにも失格者などが出て、日本は8位で2回目に進んだという。
日刊スポーツはスーツの規定違反について、「シーズン初めに計測し、数値を提出するため、体重の変化などで誤差が出てくるケースはある。そのため『スーツ規定違反』は珍しいことではない」と報じている
関連ニュース
坂本花織のFSにロシア人コメンテーターらが感動 北京フィギュア団体戦
北京五輪 日本の小林陵侑選手が金メダル スキージャンプ男子
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала