豪首相、ウクライナから直ちに出国するよう豪市民に呼びかける

© REUTERS / AAP Image / Lukas Cochオーストラリアのモリソン首相
オーストラリアのモリソン首相 - Sputnik 日本, 1920, 07.02.2022
オーストラリアのモリソン首相は、国家安全保障委員会の会合のあと、ウクライナにいる豪市民に直ちに出国するよう呼びかけた。
モリソン氏は、首相公式ウェブサイトに掲載された声明の中で「我われは過去数週間、ウクライナにいるすべてのオーストラリア人と連絡を取り、今が退避するときだという非常に明確なメッセージを伝えようと試みた」と述べている。
モリソン氏は豪市民に対し「出国したいのであれば、今がそのときだ」と呼びかけた。
またモリソン氏はロシアに対し「この問題の解決を望む他の国々との協議への参加継続」を求めた。
米軍人 - Sputnik 日本, 1920, 03.02.2022
米国 数千人規模の兵力を欧州へ向けて準備 ウォールストリートジャーナル紙
先に、オーストラリアのブルース・エドワーズ駐ウクライナ大使も、武力紛争が起こるリスクがあるため、ウクライナから退避するよう豪市民に呼びかけたと報じられた。オーストラリア人外交官の家族はすでに国外退避したという。
ここ数週間、欧米マスコミではロシアによるウクライナ侵攻の可能性について盛んに取り上げられている。これを背景として米国議会では対ロシア制裁の強化が呼びかけられている。
ロシアは西側諸国およびウクライナの主張する「暴力的行為」を再三にわたって否定しており、ロシアは何人に対しても脅迫しておらず、攻撃する意図もなく、この「ロシアの暴力」という表現がより多くのNATOの軍事機器をロシアとの境界線近くに配備する前提として利用されていると指摘してきた。
関連ニュース
日本の外務省 ウクライナ情勢から現地日本大使館の体制縮小を検討へ
ロシアがウクライナを併合すると独紙が報道、露外務省が反発「常軌を逸している」
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала