最新式F-35C戦闘機のステルスコーティング 海上環境から激しく損傷

© 写真 : U.S. Navy / Jeff D. Kempton米国の最新式艦載機F-35C
米国の最新式艦載機F-35C - Sputnik 日本, 1920, 07.02.2022
米国の最新式艦載機F-35Cの画像がネットに投稿された。この画像では、これらの戦闘機を「見えない」ようにする特殊コーティングが、数ヶ月の航海でひどく損傷したことが見てとれる。このことは同機の戦闘の質を大きく左右する。サイト「ダイバー」が報じた。
報道によれば、F-35Cは、米国の最新の第5世代戦闘機であり、2019年2月に就役した。しかし、2022年1月に防衛視覚情報配信サービスのウェブサイトに掲載された写真では、ニミッツ級航空母艦USSカールヴィンソンをベースとするこれらの戦闘機の損傷が著しいことがうかがえる。軍事専門家によると、これはアグレッシブな海洋環境がF-35Cに与える悪影響の程度を示しているという。「見えない」戦闘機F-35Cの場合、このようなコーティングの欠陥は、ステ
ルス技術の利点を奪い、戦闘能力を低下させるため、非常に深刻な結果をもたらすことになる。
第5世代戦闘機F-35ライトニングⅡ - Sputnik 日本, 1920, 30.01.2022
ファーウェイの5G使用で米戦闘機F-35に関する情報が中国に流出するリスク 米国で語られる
同サイトは、2021年に公開された米海軍の最新の駆逐艦USSズムウォルトの画像について紹介しているが、その画像では同艦船が錆で覆われていることが分かる。これらの駆逐艦はステルス技術でコーティングされているため、発生した錆が当初設計されたステルス艦の戦闘の質を低下させることになる。
通信社「スプートニク」は以前、訓練中の最新式ステルス戦闘機F35Cが、空母「カール・ビンソン」への着艦に失敗し、南シナ海に沈んだという事故を紹介している。
ロシアが機能していない古いソ連製人工衛星をミサイルで破壊 ISSへの脅威は?過去に同じような例はあったのか?
沖縄県の民間空港は尖閣防衛に適しているのか?
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала