日本はクリル諸島帰属に関し人工的にヒステリーを増幅させている=ロシア外務省

© Sputnik / Maksim Blinov / フォトバンクに移行ロシア外務省
ロシア外務省 - Sputnik 日本, 1920, 08.02.2022
ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は、クリル諸島の帰属に関する領土問題をめぐり、日本は人工的にヒステリーを増幅させていると述べた。
ザハロワ報道官はユーチューブチャンネル「ソロヴィヨウフLive」に出演し「日本の指導者はこの間ずっと、ロシアとの正常で完全な経済・財政・文化関係に構築に費やせたであろう時間を使い、このテーマにエネルギーと情熱のすべてを捧げ、執着を見せてきた。当方は毎回、この問題とその激化の人工的性質を指摘してきた」と語った。

「その人工物はどこからともなく突如として現れたのではない。燃料が投下されている。誰によって?日本の特定の政治的支配階級だ。その背後には誰が?新米国大使が姿を完全に表して、そう発言した。では私たちはこれに関し(米国が背後にいることに)疑いはなかっただろうか?いや、疑念の余地もなかった」と続けた。
松野博一官房長官 - Sputnik 日本, 1920, 07.02.2022
ロシア、明日からクナシル島沖で射撃訓練 日本政府が抗議
ザハロワ報道官によると、米国にとって「この問題は浮いたままにしておく」のが得策だという。そうすれば日本はロシアとの協力実施に着手できないからだ。
ラーム・エマニュエル駐日米国大使はこれより前、南クリル(日本では「北方領土」)の帰属に関する領土問題に関して米国と日本の見解は一致していると発言した
「北方領土の日」の7日、政府や関係団体が「北方領土返還要求全国大会」を東京都内で開いた。岸田文雄首相はロシアとの過去の合意を踏まえ「領土問題を解決して平和条約を締結するとの方針の下、粘り強く交渉を進める」と決意を表明した。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала