シドニー近郊の河川で大量の魚の死骸が発見

フォローするGoogle news
オーストラリアのシドニー近郊の河川とホームブッシュ湾で大量の魚とエビの死骸が浮いているのが発見された。環境学者は魚やエビが死んだ原因について「自然死」であると説明する。テレビチャンネル「9News」が報じた。
水生生物の大量死を研究しているニューサウスウェールズ 州の環境保護局の
専門家は、魚とエビの死因は酸欠によるものだと指摘する。報道によれば、酸欠は、暴風雨が続いたことで発生したと考えられ、それにより河川が有機ゴミで覆われたことで水質汚染と水温上昇がもたらされた。
同局職員の発言を引用しテレビチャンネル9Newsは、「これまでの調査では、水中の酸素レベルが低くなったのは、化学物質による汚染が原因ではなく、自然現象に起因していることが明らかになっている」と報じた。職員らはすでに魚の大量死が発生した水域の浄化を開始している。
関連ニュース
マッキンゼー、グリーンエネルギーへの移行にかかる費用を試算
ナイジェリア沿岸で石油生産船が爆発
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала