史上初 NASAが別の惑星からのロケット打ち上げ計画

火星 - Sputnik 日本, 1920, 09.02.2022
NASAはプレスリリースを通じて、火星の土壌や大気のサンプルを地球に届けるための火星探査機「Mars Ascent Vehicle(MAV)」の製造を米国企業ロッキード・マーティンに発注したことを明らかにした。
プレスリリースには、MAVが世界で初めて他の惑星から打ち上げられるロケットになると指摘されている。1億9400万ドルの契約額のプロジェクトは6年間で実施される。
MAVは、NASAの火星探査機「パーサヴィアランス」が火星の表面から採取した岩石や堆積物を2030年代に地球に輸送する際に使われる。これらのサンプルを分析することで、火星の生命体の存在の有無について手掛かりが得られるかもしれない。
火星 - Sputnik 日本, 1920, 21.09.2021
なぜ火星から水が消えたのか 原因が解明
2021年9月、パーサヴィアランスは火星の土壌サンプルをはじめて採取した
土壌採取の初の試みは8月7日に行われたが失敗に終わっている。 パーサヴィアランスのデータによると、サンプル採取システムは予定通り作動したものの、遠隔測定法から、操作後の試験管には土壌は入っていないことが明らかになった。
関連ニュース
イーロン・マスク氏、火星移住の費用を明かす
火星の表土に宇宙飛行士の血液を加えて「コンクリート」素材に
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала