オークションハウスのサザビーズで世界最大のダイヤが落札 支払いは暗号通貨

555.55カラットのブラックダイヤモンド「エニグマ」がオークションハウス「サザビーズ」の競売で316万ポンド(約4億9668万円)で落札された。落札者はこの貴重品の支払いを暗号通貨で行った。BBCニュースが報じた。
オークションの落札者の名は明らかにされていないが、競売後にネットで企業家のリチャード・ハート氏がビデオメッセージを公表し、ブラックダイヤモンド「エニグマ」の落札を発表している。BBCによれば、このダイヤは、20年以上も前所有者が保有し、その期間、一度もどこにも出展されたことがなかった。
報道によれば、「エニグマ」は非常に希少な「カーボナード」という種類のダイヤであり、その起源は地球外だと考えられている。実際、このダイヤには隕石にしか確認できないミネラルのオスボルナイト(窒化チタン)が含まれている。BBCによれば、専門家たちは、ブラックダイヤモンドが地球に現れたのは、まだ恐竜が存在していなかった26億~32億年前で、巨大隕石が地球に落下したためだと推測している。
関連ニュース
パープルピンクのダイヤモンド「サクラ」、香港で記録的な価格で落札
ロシア史上最大のダイヤモンド 約1兆5350億円で落札
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала