日米豪印外相、「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向け連携を深めていくことで一致

© Flickr / Grantuking日本の国旗
日本の国旗 - Sputnik 日本, 1920, 11.02.2022
オーストラリアのメルボルンで11日、日米豪印外相会合が開かれた。日本外務省によると、4カ国の外相は「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向け、各国・地域との連携・協力を深めていくことで一致した。
会合には、日本の林外相、米国のブリンケン国務長官、オーストラリアのペイン外相、インドのジャイシャンカル外相が出席した。
日本外務省によると、会合で4カ国の外相は「一方的な現状変更の試みや、経済的威圧等、様々な分野で既存の国際秩序が挑戦を受けている中、基本的価値を共有し、法の支配に基づく自由で開かれた国際秩序の推進にコミットする4か国が果たす責任が一層増しているとの認識を再確認」したほか、「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けて各国・地域との連携・協力を更に深めていくことで一致した。
また北朝鮮による弾道ミサイルの発射は国連安保理決議に違反し、地域を不安定化させるとして非難し、「緊張が高まっている目下のウクライナを巡る情勢」についても意見交換を行ったという。
関連ニュース
日米、ウクライナ情勢を懸念 対中、北朝鮮で抑止力強化
QUAD首脳会談 2022年前半に日本で開催
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала