ジャンプで失格の高梨、「測り方が違った」

© REUTERS / Lindsey Wasson Сара Таканаси на Олимпийских играх 2022 года в Пекине
Сара Таканаси на Олимпийских играх 2022 года в Пекине   - Sputnik 日本, 1920, 13.02.2022
北京五輪スキージャンプの混合団体で高梨沙羅選手がスーツの規定違反で失格となったことを受けて、全日本スキー連盟が高梨選手に聞き取りをしたところ、「今までと測り方が違った」と回答していたことがわかった。NHKが報じた。
2月7日に行われたスキージャンプの混合団体で日本の高梨選手は、スーツの太もも周りが規定より2センチ大きかったとして失格となった。
スキー日本代表チームの斉藤智治監督によると、高梨選手は「今までのワールドカップと測り方が違った。もう一度、測り直してほしいと言ったが、聞き入れてくれなかった」と回答したという。スキージャンプの混合団体を巡っては、高梨選手以外にも5人がスーツの規定違反で失格となっている。
関連ニュース
WADA初代会長、ロシアに「複数のオリンピック」の棄権を呼びかける ワリエワめぐり
英語圏でもっとも報道された五輪参加国トップ5で日本が首位に
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала