ナイジェリアの宗教警察、約400万本のビールを廃棄

CC0 / Pixabay / ビール
ビール - Sputnik 日本, 1920, 13.02.2022
ナイジェリア北部カノ州のイスラム教宗教警察は、380万本以上のビールを廃棄した。カノ州はイスラム教徒が多く、シャリーア(イスラム法)が適用されている。同地域ではアルコールの製造、飲酒が禁止されている。Punch紙が報じた。
カノ州の宗教警察ヒスバのハルン・イブン・シーナ司令官は、ビールは数ヶ月の間に押収されたもので、水曜日にトゥドゥン= カレバワ村で廃棄されたと発表した。
同氏は「州では酒類の販売、消費、所持が禁止されている」と強調し、州政府が「酔わせる物質」の廃棄を承認したため、それらの一掃が決まったと指摘した。
宗教警察のラバン・イブラヒム・ファッゲ報道官はAFP通信に、ビールはカノ州を通過しようとしたキリスト教が主流のナイジェリア南部の州から来た複数のトラックから当局が押収したものだと語った。地元住民たちによると、ビールはまずブルドーザーでつぶされ、その後、火をつけられたという。
関連ニュース
107歳のオーストラリア女性 ビールが長寿の秘訣と明かす
エジプトで、世界最古とみられるビール醸造所発見
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала