Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

医師が解説 新型コロナによる神経系の後遺症とは?

© Depositphotos / Sudok1Результаты КТ головного мозга
Результаты КТ головного мозга  - Sputnik 日本, 1920, 14.02.2022
新型コロナによる神経障害がもっとも重症化した場合、脳損傷や脳症、せん妄、昏睡を発症するおそれがある。ウイルス学者のマキシム・ショレコフ医師を引用しロシア紙「ヴェチェルニャヤ・モスクワ」が報じた。
「新型コロナに伴う神経障害」とは、コロナ感染で神経系や脳にダメージが残る状態をいう。
専門家によれば、コロナによる神経障害は80%のケースでサイトカインストームの発生原因となっている。同神経障害が、ウイルス粒子や炎症マーカーが脳にダメージを与える条件を作り出し、それにより病状が発生する。ショレコフ医師は、コロナによる神経障害を3つの段階に分類した。
新型コロナウイルスのワクチン - Sputnik 日本, 1920, 23.10.2021
新型コロナウイルス
ワクチン接種後に新型コロナで死亡する可能性のある人たちとは? 研究者らが調査結果を明らかに
たとえば、第1段階では嗅覚や味覚が失われる。
第2段階では、睡眠障害や不安の高まり、パニック発作、うつ病といった機能障害が発生する。
第3段階では、精神障害や錯乱が生じる可能性がある。思考や集中力が低下し、コロナウイルスが感情に影響を及ぼす。どの菌株に感染したかに関係なく、症状が見うけられる。
神経疾患 - Sputnik 日本, 1920, 07.04.2021
新型コロナウイルス
新型コロナの元感染者の3分の1が神経疾患を発症 研究で明らかに
同医師は、個々のケースで新型コロナ患者には、意識錯乱や昏睡状態、脳梗塞、脊髄炎、ギラン・バレー症候群が発症するおそれがあると指摘する。この場合、第1段階の兆候はすぐに現れ、残りは新型コロナが回復してから2〜3ヵ月後に発生する。ショレコフ医師によれば、新型コロナ後遺症の重症化防止に効果があるのはワクチン接種だけだという。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала