インドネシア 入国時の検疫を3日まで縮小へ

© Sputnik / Maxim Blinov / フォトバンクに移行インドネシア 入国時の検疫を3日まで縮小へ
インドネシア 入国時の検疫を3日まで縮小へ - Sputnik 日本, 1920, 15.02.2022
インドネシアはブースターも含め、ワクチンの接種を完了させた入国者に対する検疫義務を3月1日から縮小し、その一月後の4月1日からは、検疫義務は完全撤廃される可能性がある。14日、電子版ストレイツタイムズ紙が報じた。
ストレイツタイムズ紙によれば、新たな措置は感染状況が許せば3月1日から開始され、さらに状況が改善されれば、ワクチン接種を完了した入国者に対しては、4月1日から検疫義務自体が廃止される。
2月18日から、シンガポールから北部のバタム島、ビンタン島へ入る旅行者らに対しては、外界から隔離された旅行者用ゾーンをつくる「ツーリスト用バブル」プログラムが開始される。シンガポールからこの2島のリゾート地へはパンデミック開始前まではフェリーで容易に入国することができた。
関連ニュース
イスタンブールに住む男性 新型コロナ検査を78回受け、毎回陽性
南ア、新型コロナ陽性でも無症状なら隔離不要
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала