ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

露外務省、西側メディアにロシアによる今後の「侵攻」スケジュールの公表を呼びかける

© Sputnik / Sergey Guneev / フォトバンクに移行ロシア外務省のザハロワ報道官(アーカイブ写真)
ロシア外務省のザハロワ報道官(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 16.02.2022
ロシア外務省のザハロワ報道官は16日、自身のTelegramチャンネルで、ロシアによる今後の外国への「侵攻」に関するスケジュールを公表するよう西側のマスコミに呼びかけた。
ザハロワ氏はTelegramで「Bloomberg、The New York Times、The Sunなどの米国及び英国の偽情報メディアへのお願い。今年の我われの『侵攻』スケジュールを公表してください。休暇を計画したいと思う」と皮肉を交えて投稿した。
プーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 16.02.2022
ウクライナをめぐる情勢
「欧州で戦争は起こるのか?」 プーチン大統領、質問に答える
先に、英紙The Sunは、ロシアが2月16日午前3時にウクライナを侵攻すると報じたが、侵攻が行われなかったのを受け、同紙は記事を書きかえたことがわかった。現在は侵攻日時の代わりに、夜は何事もなく過ぎたと伝えている。
ここ数週間、欧米マスコミではロシアによるウクライナ侵攻の可能性について盛んに取り上げられている。これを背景として米国議会では対ロシア制裁の強化が呼びかけられている。ロシアはこれまでウクライナ侵攻の報道を繰り返し否定。リャブコフ外務次官は、モスクワにはウクライナ侵攻の意向は現在も将来もあり得ないとしている。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала