JAL システム障害で49便が遅延 すでに復旧

© AFP 2022 / Yoshikazu TSUNO日本航空(JAL)
日本航空(JAL) - Sputnik 日本, 1920, 16.02.2022
日本で16日朝、日本航空(JAL)の国内線システムに障害が発生し、各地の空港で自動搭乗手続きやインターネット上での予約ができない状態となった。システムは同日午後2時半過ぎに復旧したが、全国の49便で30分以上の遅延が発生した。日本のメディアが報じた。
システム障害は16日午前4時半頃に発生。国内線、国際線ともに自動搭乗手続きやオンラインチェックインでの予約ができない状態となった。
各空港では職員が手作業で搭乗手続きを行い、49便が30分以上遅延し、4000人以上に影響が出た。システムは午後2時半すぎに復旧し、自動搭乗手続きが利用できるようになったほか、フライトの遅れもほぼ解消した。
JALの発表によると、原因は社内と社外のシステムを接続するサーバーの不具合だったという。同社は不具合が発生した詳しい原因を調査している。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала