ウクライナの女子スキー選手 ドーピング疑惑で一時出場停止処分

© AFP 2022 / Tobias Schwarzウクライナの女子スキー選手ヴァレンチナ・カミンスカヤ
ウクライナの女子スキー選手ヴァレンチナ・カミンスカヤ - Sputnik 日本, 1920, 17.02.2022
北京冬季五輪のドーピング検査を管轄する国際検査機関(ITA)は反ドーピング規定に違反した疑いがあるとして、ウクライナの女子スキー選手ヴァレンチナ・カミンスカヤ(34)を一時、競技から外した。ITAがサイトを通じて明らかにした。
カミンスカヤ選手のサンプルからはメステロロン(アナボリックステロイド)とヘプタミノール(精神刺激薬)が検出された。サンプルの採取は2月10日、北京五輪の会場で行われた。
カミンスカヤ選手にはドーピング検査の結果が通知され、残りの競技への出場が禁じられた。
イラン代表チームの旗手が禁止薬物で摘発 北京五輪のドーピング検査で初の公式な陽性反応 - Sputnik 日本, 1920, 10.02.2022
イラン代表チームの旗手が禁止薬物で摘発 北京五輪のドーピング検査で初の公式な陽性反応
カミンスカヤは北京五輪ではクロスカントリーのスプリントで70位、10キロのクラシカルで79位、リレーで18位の成績を収めている。2018年まではベラルーシ代表として出場しており、五輪出場は今回で3度目。
関連ニュース
IOC、ワリエワの安全のためにあらゆることを行う 体調が最優先事項
WADA会長 ワリエワの件の責任者らは終身停職とすべし
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала