米ポリティコ、「ウクライナ侵攻日」について新たに報道

© 写真 : Gena96カレンダー
カレンダー - Sputnik 日本, 1920, 17.02.2022
米紙ポリティコは専門家を引用し、ロシアが「ウクライナに侵攻」する日付について新たに報じた。今回は前回のように正確な日付ではなく、「2月20日以降」と幾分か曖昧にした。
アナリストらによると、前回報じられた2月16日という日付は「複数の重要な日付から注意をそらさせた」という。米シンクタンクCNA のロシア軍に関する専門家、マイケル・コフマン氏は「2月20日以降の時間枠は常により重要だった」と述べた。
またポリティコは、ウクライナのゼレンスキー大統領、米国のハリス副大統領やブリンケン国務長官が出席するミュンヘン安全保障会議がまさに2月20日に閉幕する予定であるため、「2月20日以降」に注意を払う理由は他にもあると指摘している。
ポリティコは「米国のナンバー2が欧州におり、ウクライナの国家元首が国外にいるときに侵攻を開始することは、プーチン(大統領)が好きな地政学的トローリングのような、究極の屈辱である可能性がある」と報じている。
プーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 16.02.2022
ウクライナをめぐる情勢悪化
「欧州で戦争は起こるのか?」 プーチン大統領、質問に答える
またポリティコは、2月20日は北京冬季オリンピックの最終日だと指摘した。
ロシア外務省のザハロワ報道官は16日、自身のTelegramチャンネルで、ロシアによる今後の外国への「侵攻」に関するスケジュールを公表するよう西側のマスコミに呼びかけた。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала