バイデン大統領、2023年度の国防費として過去最高の89兆円を請求へ=ロイター

© Sputnik / Mikhail Turgiev / フォトバンクに移行ホワイトハウス
ホワイトハウス - Sputnik 日本, 1920, 17.02.2022
ジョー・バイデン大統領は2023年度の国防費として過去最高となる7777億ドル(89兆8297億円)を請求する。ロイター通信が報じた。
先にバイデン大統領は2022年度の国防予算案に署名していた。政府は7530億ドルの予算を請求していたものの、連邦議会はこれを7777億ドルまで引き上げた。
消息筋によると、予算案をめぐる交渉はロイド・オースティン国防省、及び政府の予算管理局の間で行われ、2023年度の国防予算案は7700億ドルを超えることとなった。
米国防総省 - Sputnik 日本, 1920, 15.02.2022
ウクライナをめぐる情勢悪化
東欧の駐留米軍、ウクライナの紛争には巻き込まれない=米国防総省
報道によると、交渉は現在も継続中で、最終的な請求額は変動する可能性がある。国防費の優先事項には、 造船、宇宙開発、防空ミサイルシステム、三元戦略核戦力(大陸間弾道ミサイル、弾道ミサイル搭載潜水艦、巡航ミサイル搭載戦略爆撃機)の近代化が含まれている。
ホワイトハウスのジェン・サキ報道官によると、バイデン大統領は2023年度の予算案について3月1日に詳しく発表するという。
関連ニュース
米独電話首脳会談開催、ロシア軍の大規模な撤退は確認されず
米国務長官がドイツを訪問、ウクライナ情勢を協議
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала