北京五輪 スキーノルディック複合団体で日本が銅 28年ぶりのメダル

© Sputnik / Pavel Bednyakov / フォトバンクに移行北京五輪 スキーノルディック複合団体で日本が銅 28年ぶりのメダル
北京五輪 スキーノルディック複合団体で日本が銅 28年ぶりのメダル - Sputnik 日本, 1920, 17.02.2022
北京五輪のスキーノルディック複合団体で日本が銅メダルを獲得した。この競技での日本のメダルは1994年のリルハンメル大会以来、実に28年ぶり。
金メダルはノルウェーの50分45秒1。日本の最後をつとめた山本涼太選手は先頭のノルウェーを追う2位集団でドイツとオーストリアと競いあったが、フィニッシュ直前でドイツと激戦を展開した。その結果、2位のドイツの51分40秒0にわずか0.3秒届かない、51分40秒3で銅メダルとなった。
関連ニュース
カミラ・ワリエワ 個人戦の前に「罠」 では負けるべきなのか?
北京五輪フィギュア女子SP 坂本花織は首位3位に割け入った ロシアのコーチのコメント
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала