ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ウクライナ軍、ルガンスク人民共和国の5つの居住区を砲撃 ミンスク合意で禁止されている武器使用

© Sputnik / Stringer / フォトバンクに移行LNR人民民警のスタッフ
LNR人民民警のスタッフ - Sputnik 日本, 1920, 17.02.2022
ウクライナ軍は17日午前、ウクライナからの独立を宣言しているルガンスク人民共和国(LNR)の居住区を、停戦などを定めるミンスク合意で禁止されている迫撃砲などを使って4回砲撃し、その後、さらにもう1つの居住区を砲撃した。停戦管理調整合同センター(JCCC)のLNR代表部が記者団に発表した。
JCCCのLNR代表部は「ウクライナの軍部隊は、ミンスク合意にしたがって(使用を)拒否しなければならない武器を使って停戦に著しく違反した」と発表した。
代表部によると、ウクライナ軍は口径120ミリおよび82ミリの迫撃砲、グレネードランチャー、大口径機関銃を使って居住区を砲撃した。
昨夏、ドンバスで停戦順守のための追加措置が発効した。これは居住区とその周辺における発砲や武器配備を完全に禁止しているほか、違反に対する懲罰的な処分も定めている。
ロシアは、ウクライナがミンスク合意を履行しておらず、紛争解決に向けた協議を長引かせていると繰り返し発表している。
プーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 17.02.2022
ウクライナをめぐる情勢
岸田首相とプーチン大統領、17日にも電話会談=共同通信
関連ニュース
欧州委、ウクライナに1500億円のマクロ経済支援を承認
バイデン大統領、露軍の撤退「まだ確認できていない」 米国人への攻撃には報復を示唆
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала