米石油大手 環境対策でマイニングを開始

© Sputnik / Evgeny Biyatov / フォトバンクに移行Bitcoin (imagen refercial)
Bitcoin (imagen refercial) - Sputnik 日本, 1920, 18.02.2022
米国の石油・ガス大手コノコフィリップスは、二酸化炭素の排出量削減のためにマイニングの活用を始めた。これまで石油生産で出る随伴ガスは燃やされていたが、これが暗号通貨のマイニングの燃料として使われ出した。CNBCが報じた。
CMBCの報道によれば、コノコフィリップスは、余剰分をマイニングの分野のパートナーに売却しているが、会社名は明らかにされていない。マイニングは今のところ実験的にノースダコタのバッケン油田でのみ行われている。コノコ フィリップスは、2030年までに随伴ガスの燃焼の完全停止をめざしており、実験は同社の環境政策の一環としてとられている。
関連ニュース
米国人 テスラ車で仮想通貨を採掘する方法を発見
中国の仮想通貨禁止が他国での採掘量増強を引き起こす
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала