ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

3日間で13万人以上がウクライナを出国=国家観光発展庁長官

© AFP 2022 / Vasily Maximovキエフ
キエフ - Sputnik 日本, 1920, 18.02.2022
ウクライナ国家観光発展庁のマリアナ・オレスキフ長官は、2月14日から16日の3日間で13万人以上の市民がウクライナを出国し、2万5000人の外国人がウクライナに到着したと発表した。
オレスキフ氏は、自身のフェイスブックに「パニックは起きていない!2月14、15、16日の3日間での越境にまつわる最新情報は、最も憂慮すべきことと考えられる。ウクライナには3日間で2万5000人の外国人が到着した。2021年の同じ日に到着した外国人ははるかに少なく、1万7600人だった。3日間で13万5000人の市民がウクライナを出国した。1年前には7万人だった」と記した。
オレスキフ氏によれば、ウクライナを出国した人の数が今回これほど増えた理由には、2021年の同時期は新型コロナウイルスの流行により、多くの国が入国を制限していたことが関係しているという。
ロシア大統領府のペスコフ報道官 - Sputnik 日本, 1920, 18.02.2022
ウクライナをめぐる情勢
「ウクライナ侵攻は数日中に起こる」 バイデン氏のこの言葉が状況を悪化させる=露ペスコフ報道官
先に、米紙ポリティコは専門家の情報を引用し、ジョー・バイデン米大統領が西側諸国、欧州連合、NATOの指導者とのオンライン会議で、ロシアがウクライナに侵攻するのは2月16日だと挙げたことを報じた
ロシアはウクライナ情勢を悪化させるという計画について再三にわたって否定しており、ロシアは何人に対しても脅迫しておらず、攻撃する意図もなく、この「ロシアの暴力」という表現がより多くのNATOの軍事機器をロシアとの境界線近くに配備する前提として利用されていると指摘してきた。ロシアのラブロフ外相は、ロシアはウクライナをめぐる紛争状況のためにいかなる口実も作っていないと述べた。ラブロフ氏によると、ロシアは、西側によって起こされたウクライナをめぐるヒステリーが、ドンバスに関するミンスク合意をひそかに妨害するというウクライナの路線のカモフラージュを目的としている可能性を排除していない。また、ペスコフ報道官によると、ウクライナをめぐる米国とNATOの情報ヒステリーは、多くが嘘や偽情報に包まれている。
ロシア外務省のザハロワ報道官(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 16.02.2022
ウクライナをめぐる情勢
露外務省、西側メディアにロシアによる今後の「侵攻」スケジュールの公表を呼びかける
ロシアがウクライナでの挑発行為を準備しているとされる声明は、演習後にロシア軍が配備場所に戻ったにもかかわらず、西側から引き続き出されている。14日、プーチン大統領はセルゲイ・ラブロフ外相およびセルゲイ・ショイグ国防相と会談した。ショイグ国防相は、「演習のいくつかは終わりに近づいており、いくつかはまもなく終了する」と報告した。また、ロシア国防省のイーゴリ・コナシェンコフ報道官は15日、南部および西部軍管区の部隊が配備地域に戻り始めていると記者団に語った。
関連ニュース
ウクライナ軍、ルガンスク人民共和国の5つの居住区を砲撃 ミンスク合意で禁止されている武器使用
欧州委、ウクライナに1500億円のマクロ経済支援を承認
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала