国連が人類に対する主な脅威を指摘

© REUTERS / Costas BaltasТушение пожара в северном пригороде Афин
Тушение пожара в северном пригороде Афин  - Sputnik 日本, 1920, 18.02.2022
国際連合環境計画の専門家は、破壊的な森林火災と騒音が人類に対する主な脅威の1つになっていると指摘した。この件に関する報告が同機関のサイトで公表された。
専門家は、2つの問題が自然環境と人間の健康への否定的な影響に関連していると強調した。
研究者の考えによれば、樹木の燃焼を含め、すべての火災の約67%はアフリカ各国で発生している。専門家は、森林火災により樹木が温室効果ガスの吸収源から発生源に変わり、燃焼そのものが水質汚染や氷河の溶解の原因になると指摘する。
パリ - Sputnik 日本, 1920, 17.02.2022
パリ 騒音公害対策に新たな方策
騒音に関しては、慢性的な過敏性を引き起こし、睡眠の質に影響を与え、その結果、心疾患や精神障害、難聴の原因となる。
また、専門家は、これまでとは違う自然環境の変化が人類への脅威となっていると認識している。
関連ニュース
「プラネタリー・バウンダリー(地球の限界)」を超えた化学汚染
オーストラリアでコアラが絶滅危惧種に指定
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала