新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

JR東日本 水素燃料車両「HIBARI」を公開 3月に走行試験開始

東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)は18日、水素燃料電池を電源とするグリーン車「HIBARI(ひばり)」を、神奈川県川崎市の車両基地で公開した。共同通信が報じている。
「HIBARI」の走行試験は、3月下旬に南部線で行われる予定。
「HIBARI」は水素と酸素の化学反応から生み出された電気で走る上、1回の水素充電で140キロメートル走行できるのが特徴。また、水素燃料電池であることから、大気中に排出されるのは水蒸気のみ。この車両は、ディーゼル車が走る地方路線で利用される予定。
JR東日本は年間約250万トンの二酸化炭素を排出している。しかし、水素燃料電池などの環境に優しい技術を取り入れることで、2030年までにこの排出量を半減、2050年までに実質ゼロにすることを目指している。
関連ニュース
プーチン大統領 ロシアは2060年までにカーボンニュートラル達成を計画
2022年に欧州は深刻な天然ガス不足に=専門家
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала