Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

今後オミクロン株は消滅するかも? ロシアのウイルス学者が予測を明らかに

© Sputnik / Alexey Filippov / フォトバンクに移行今後オミクロン株は消滅するかも? ロシアのウイルス学者が予測を明らかに
今後オミクロン株は消滅するかも? ロシアのウイルス学者が予測を明らかに - Sputnik 日本, 1920, 19.02.2022
ロシアのガマレヤ疫学・微生物センターのアナトリー・アルトシュテイン氏(ウイルス学者)は、新型コロナウイルスのオミクロン株の感染ピークが過ぎれば、ゲノムに変異が起こり始め、弱体化すると指摘している。そうすると、オミクロン株は「退化」していくことになるという。
同氏は、「私はこの仮説を主張し続けている。オミクロン株は今後、変異を始めるだろう」と述べている。
アルトシュテイン氏は、突然変異が多く起こることで、オミクロン株の退化につながると予測している。同様の研究は、日本の国立遺伝学研究所の井ノ上逸郎教授が、国内でデルタ株の感染状況が落ち着いた時期に発表している。熊本日日新聞によると、井ノ上氏はデルタ株でゲノムの変異を修復する酵素が変化し、その修復が追いつかずに死滅したのではないかと指摘している。
アルトシュテイン氏は、オミクロン株が同じ運命をたどることを確信している。
同氏は、「オミクロン株の弱体化の兆候として、感染者数が減少していることが挙げられる。今はまだそれほど目立つ形では現れてはいないが、2ヶ月後にはこのウイルス株は減少するだろう。その後オミクロン株は少数派になり、さらにその先には取るに足らない数になり、もしかしたら完全に消えてしまうかもしれない」と述べている。
関連ニュース
オミクロン株にワクチンの4回接種は有効か イスラエルで調査結果が発表
オミクロン株蔓延の今 従来株の感染者にはワクチン接種が望ましい
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала