ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

バイデン米大統領、ルガンスク・ドネツク両人民共和国を非難 ウクライナ東部での停戦に違反

© REUTERS / EVELYN HOCKSTEINバイデン大統領
バイデン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 19.02.2022
ジョー・バイデン米大統領は、ウクライナ東部ドンバスで停戦違反をしたとしてルガンスク人民共和国とドネツク人民共和国を非難した。
バイデン大統領はウクライナ情勢に関する定例のオンライン会議で演説し、「過去数週間に渡り、ドンバスでウクライナへの挑発を試みる親ロシア派の分離主義者による停戦違反の数が増加しているという報告がある」と語った
ドネツク人民共和国軍のエドゥアルド・バスーリン司令官は、18日夜、ウクライナ軍が日中、ドンバスの戦線全体に沿って砲撃を開始し、公共施設を砲撃し始めたと発表した。
プーチン大統領、ドンバスの状況悪化を発表 - Sputnik 日本, 1920, 18.02.2022
プーチン大統領、ドンバスの状況悪化を発表
一連の出来事の中で、バイデン大統領はウクライナ軍によるものというロシアの立場は「誤り」であると述べ幼稚園への砲撃を挙げた。バイデン大統領は「さらに多くの偽情報がロシア国民に提供されている」と話した。
ドネツクとルガンスクの両人民共和国の代表は17日午前、ウクライナ軍が両共和国を砲撃したと発表した。停戦管理調整合同センター(JCCC)のドネツク人民共和国代表部のルスラン・ヤクボフ氏はリア・ノーヴォスチ通信に、ウクライナは迫撃砲などを使用してミンスク合意に違反していると語った。
LNR人民民警のスタッフ - Sputnik 日本, 1920, 17.02.2022
ウクライナをめぐる情勢
ウクライナ軍、ルガンスク人民共和国の5つの居住区を砲撃 ミンスク合意で禁止されている武器使用
ドネツク人民共和国軍代表は、ミンスク合意によって禁止され、ウクライナ軍の砲兵器がドンバスの入植地付近に配備されていることは、軍事的解決の準備を示唆していると強調した。
一方、ウクライナのオレクシイ・レズニコフ国防相は、ウクライナ政府は軍事行動や軍事作戦を計画していないと主張。ウクライナは政治的・外交的解決をはかる意向だという。
関連ニュース
ドンバスの状況は戦争に向かっている=ドネツク人民共和国のトップ
ロシア政府 ドンバスへの平和維持軍の導入案についての問いに答える
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала