ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

英首相「プーチンの義務は外交交渉の用意のしるし」ウクライナ情勢

© AFP 2022 / Adrian Dennisジョンソン氏
ジョンソン氏 - Sputnik 日本, 1920, 21.02.2022
英国のボリス・ジョンソン首相はフランスのエマニュエル・マクロン大統領と会談した。ジョンソン氏によると、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の義務はウクライナ危機に対する外交的解決策をまだ探す用意があることを示している。英首相官邸が発表した。
20日、マクロン氏とプーチン氏は電話会話を行った。フランスのメディアによると、会談は1時間45分続いた。FPによると、プーチン氏は軍事演習後にベラルーシから軍隊を撤退させることをマクロン氏に確認した。またプーチン氏とマクロン氏は21日に三国間連絡グループの会談を行うことに同意したという。
ジョンソン氏はウクライナの声があらゆる議論の中心でなければならないと強調した。
外務省 - Sputnik 日本, 1920, 21.02.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアがウクライナ「侵攻」の理由を「捏造」したとする西側諸国の主張は嘘=露外務省
さらに英仏首脳はロシアとウクライナの両国がミンスク合意の義務を完全に果たす必要があることに同意した。両氏はプーチン氏が脅威から後退し、ウクライナとの国境から軍隊を撤退させる必要性を改めて強調した。
一方、ロシアはウクライナでの紛争の当事者ではなく、ミンスクの和解合意の対象でもないことを繰り返し強調してきた。
さらに両氏は来週が外交にとって重要であることに同意し、緊密な連絡を保つことを決定した。
プーチン氏は20日、マクロン氏との電話会談を行い、ウクライナの治安部隊による挑発行為がドンバスの情勢が激化した原因だと述べていた。
関連ニュース
ルガンスク人民共和国 砲撃による民間人2名の死亡を確認
ウクライナ危機解決に向けた日本の役割とは?
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала