ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ウクライナ大統領、ドネツク・ルガンスク両人民共和国の承認を支持 ミンスク合意拒否のため=メディア

© AFP 2022 / Bertrand Guayウクライナのゼレンスキー大統領
ウクライナのゼレンスキー大統領 - Sputnik 日本, 1920, 21.02.2022
ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、ウクライナの東部のドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国のロシアによる国家承認を支持している。ゼレンスキー大統領は、これによりミンスク合意の履行を拒否できるようになるためだとしている。ウクライナのポータルサイト「Strana.ua」は、大統領の側近により情報を引用している。
「Strana.ua」が取材した情報提供者は、ウクライナ政府は両共和国と直接的な交渉を行うつもりはなく、また両共和国の特別地位について憲法を改正したくないと主張している。
複数の情報提供者によると、ゼレンスキー大統領は、ドンバスをめぐる法案の提供というオラフ・ショルツ独首相への約束を履行しないために、ウクライナ南東部の状況悪化を利用することを計画している。
プーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 21.02.2022
ウクライナをめぐる情勢
露プーチン大統領 マクロン仏大統領にドンバス情勢激化の原因について語る
ある情報提供者は「ドンバスの状況悪化は、ショルツ首相に対するゼレンスキー大統領の義務の履行を遅らせる理由として利用することができ、状況が正常化するまで何も起こらないと言うことができる」と名言した。
同記事ではまた、ゼレンスキー大統領とその側近はロシア侵攻の可能性を信じていないと述べられている。
15日、ロシア下院はドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国を独立国家として承認するよう、プーチン大統領に求める決議を採択した。両共和国のトップであるデニス・プシーリン氏とレオニード・パセチニク氏はこの決定を歓迎すると述べた。プーチン大統領は同日、モスクワでのショルツ首相との記者会見で、下院の訴えについてコメントした。ドンバス問題の解決に向け基本的にはあらゆることを行うが、ミンスク合意の可能性はまだ尽きていないと指摘した。
関連ニュース
ドンバスからロシアに到着した難民は4万人超
ウクライナ軍 ルガンスク人民共和国の拠点に攻撃を試みる
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала