ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ロシアはウクライナ「侵攻」への準備進めている=ホワイトハウス

© Sputnik / Sergey Mamontov / フォトバンクに移行ホワイトハウス
ホワイトハウス - Sputnik 日本, 1920, 21.02.2022
米ホワイトハウスのジェン・サキ報道官は20日、米政府は根拠はないもののロシアが「ウクライナ侵攻」の準備を継続していると考えており、米政府は侵攻は「近日中に行われる」と評価しているが、ロシアはこれを否定していると述べた。
これより前、西側諸国も同様の予測を示していたが、その予測は当たらず、ロシアは、ウクライナ情勢を急激にエスカレートさせる計画などないとしている。
サキ報道官は書面による声明を表し、「現在、ロシアは近く予定しているウクライナ侵攻に向けた準備を続けているようだ」と述べた。しかしサキ報道官はこれを立証するような証拠は示さなかった。
外務省 - Sputnik 日本, 1920, 21.02.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアがウクライナ「侵攻」の理由を「捏造」したとする西側諸国の主張は嘘=露外務省
これより前、在ロシア米国大使館は20日、公式サイトで、モスクワやサンクトペテルブルクの公共施設、そしてロシアとウクライナの国境沿いの地域においてテロ攻撃の危険性があるとして、米国民に向けて警告を発していた。これを受けて、ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は自身のテレグラムに「モスクワの米国大使館に質問があります。このような情報をロシア人職員に伝達しましたか?そうでなければ、これをどのように理解するのですか?」と綴った。
ここ数週間、欧米マスコミではロシアによるウクライナ侵攻の可能性について盛んに取り上げられている。これを背景として米国議会では対ロシア制裁の強化が呼びかけられている。ロシアはこれまでウクライナ侵攻の報道を繰り返し否定。リャブコフ外務次官は、モスクワにはウクライナ侵攻の意向は現在も将来もあり得ないとしている。
関連ニュース
西側からいかなるシグナルあろうと、ウクライナはNATO加盟目指す=ウクライナ外相
ロシアの「攻勢」に米国は応じる用意がある=米国務長官
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала