ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

露大統領、ウクライナからの独立を承認したドネツク、ルガンスクに平和維持軍の派遣を決定

© 写真 / フォトバンクに移行次世代のロシア軍の主力戦車「アルマタ」登場
次世代のロシア軍の主力戦車「アルマタ」登場   - Sputnik 日本, 1920, 22.02.2022
ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、先に独立を承認した親露派勢力のドネツク人民共和国、ルガンスク人民共和国に対し、ロシア軍を派遣し、平和維持活動を進めることを定めた大統領令に署名した。法令集のポータルサイトに公開された大統領令で明らかになった。
ルガンスク人民共和国はロシア国防省に対し、平和維持に向けた協力要請を行った。この要請を受けてプーチン大統領は独立を承認した地域への平和維持軍派遣を決定した。それと同時にプーチン大統領は独立が承認されたこれらの国家との間で外交関係を樹立し、友好、協力、相互扶助について交渉を進めるよう外務省に命じた。
プーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 22.02.2022
ウクライナをめぐる情勢
プーチン大統領 ドネツク、ルガンスクの主権の即刻承認を決定
プーチン大統領によると、これらの地域でウクライナ側は地下活動を用意しており、ロシア軍に対する軍事行為も計画しているという。また、現地の状況は危機的であることから、その安全保障に向けて更なる一歩を進める必要性があると指摘した。
プーチン大統領は国民向けに行った演説の中で、西側を始めとする文明社会がドンバス地域のジェノサイドに目をつむっていると発言し、その対応を批判した。およそ400万人が暮らすドンバス地域では砲撃が鳴り止まず、民間人が次々と犠牲になっていると大統領は発言し、軍事的介入の正当性を主張した。国民向けに行った演説の中でプーチン大統領はロシア国民が独立承認を支持することに期待を示した。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала