ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

邦人に退避要請「戦闘激化も」 在ウクライナ日本大使館

在ウクライナ日本大使館は22日、ロシアのプーチン大統領がウクライナ東部の親ロシア派独立を承認する大統領令に署名したことを受け、ウクライナの在留邦人に重ねて退避を呼び掛けた。「ロシアの一方的な決定により、さらに戦闘が激化するとともに、戦闘地域が拡大する可能性を排除できない」としている。
ウクライナ全土の危険情報を最高度の「レベル4」(退避勧告)にしているとして「いまだに滞在中の方は、直ちに安全な方法で退避してほしい」と強調した。
(c)KYODONEWS
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала