ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ホワイトハウス、新たな露米首脳会談の開催を約束せず

© Sputnik / Mikhail Metzel / フォトバンクに移行露米両国の首脳
露米両国の首脳 - Sputnik 日本, 1920, 22.02.2022
米国政府はジョー・バイデン大統領とウラジーミル・プーチン大統領の新たな会談の可能性について、ロシア連邦がウクライナへの「軍事侵攻」を計画している条件では開催を約束できない。米国政府高官が記者団に明らかにした。
米国政府高官は記者団に対し、ロシアによる「侵攻」が用意されている条件において、会談を約束することはできないと表明した。
ただし、ウクライナ危機の解決につながる場合、首脳レベルの対話に向けた用意はできているとも付け加えた。
次世代のロシア軍の主力戦車「アルマタ」登場   - Sputnik 日本, 1920, 22.02.2022
ウクライナをめぐる情勢
露大統領、ウクライナからの独立を承認したドネツク、ルガンスクに平和維持軍の派遣を決定
なお、プーチン大統領によるルガンスク人民共和国、ドネツク人民共和国の独立承認を受け、2月24日にスイスのジュネーブで開催が予定されていたセルゲイ・ラブロフ露外相とアントニー・ブリンケン米国務長官の会談に変更があるかについて、現時点で米国務省は発表できないと記者団に回答した。
関連ニュース
ウクライナのNATO加盟は決定事項、更なる流血の責任はキエフにある=露大統領
ウクライナ東部の独立承認は米国にとって甚大な脅威=ホワイトハウス
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала