ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ロシアとの戦争を回避しつつ、NATOの領土を死守=バイデン大統領

© Sputnik / Stringer / フォトバンクに移行バイデン大統領
バイデン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 23.02.2022
米国はロシアと戦争する計画はないものの、北大西洋条約機構(NATO)の領土を死守する姿勢をロシア側に伝える用意がある。ジョー・バイデン大統領が国民向けに行った演説の中で表明した。
バイデン大統領はロシア側がドネツク人民共和国、ルガンスク人民共和国の独立を承認した関連で行った演説の中で次のように発言した。
我々はロシアと戦うつもりはないものの、合衆国は同盟国と共にNATOのあらゆる領土を死守し、NATOを前にして我々が持つ義務を遵守する用意があるという明確なシグナルを伝えたい。
プーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 23.02.2022
ウクライナをめぐる情勢
ミンスク合意はもう存在しない プーチン大統領
米国側によると、ロシアは更なる事態の悪化を計画しており、ウクライナに対する大規模な軍事侵攻に踏み切る可能性があるとみている。バイデン大統領は演説の中で、「私が間違っていることを期待したい」と発言した。
また、情勢悪化を受けて米国はウクライナへの軍事支援に加え、既に欧州で展開している部隊への増援として、バルト三国に追加の部隊を派遣することを決定した。バイデン大統領はこの決定について、防衛的性格のものだと説明している。
ロシア ウクライナから外交官らを早急に避難へ - Sputnik 日本, 1920, 23.02.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシア ウクライナから外交官らを早急に避難へ
バイデン大統領によると、ロシア側がウクライナ東部の独立を承認したことは実際的な侵攻を意味しているという。バイデン氏は、プーチン大統領の行動について、ウクライナ領を併合する上での土台作りに他ならないと指摘している。その上でこれはロシアによるウクライナ侵攻の始まりとコメントしたほか、プーチン大統領が独立承認の関連で行った演説の中では、欧州の安全保障に関する実際的な対話を進める姿勢が確認されなかったと指摘し、その姿勢を疑問視した。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала