キエフ、税率引き下げ求め数千人がデモ - Sputnik 日本, 1920
ウクライナをめぐる情勢悪化
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ロシアと戦争する用意はある=ウクライナ外相

© AFP 2022 / Alexey Kravtsovウクライナ軍
ウクライナ軍 - Sputnik 日本, 1920, 23.02.2022
ウクライナ政府は外交手段を行使し、ロシアによる「挑発行為」には反応しないものの、他の選択肢が残されないとなれば、戦争に応じる用意がある。ロイド・オースティン米国務長官との会談でウクライナのドミトロ・クレバ外相が表明した。
クレバ外相は米国防総省で行われた会談で次のように発言した。
大いに冷静な外交を取りつつ、我々はロシアが用意する挑発には乗らないようにしている。この罠を我々は避けるつもりだ。しかし選択肢が他に無いとなれば、戦う用意がある。というのも、これは我々の大地であり、我々の国民であるからだ。
プーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 22.02.2022
ウクライナをめぐる情勢悪化
核保有を目指すウクライナ、諸外国の協力で容易に実現可能=露大統領
クレバ外相によると、ウクライナ政府は米国側が用意した軍事支援に深く感謝したほか、西側諸国がロシアに発動した制裁を歓迎したという。
また、ウクライナはロシアを封じ込める上で最良のファクターであり、ウクライナ政府は戦争を望んでいないものの、戦争が「引き起こされる」のであれば防衛する用意があると強調した。その上で外相は第二次世界大戦中に適応されていたレンドリース法(武器貸与法)の発動を米国政府に要請した。
なお、ロシアと国境が接する南部のハリコフ市、及びマリウポリ市で市民の退避活動を進める予定はないと表明した。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала