ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

中国外交部 対露制裁発動の可能性について「一方的な制裁には反対」

© AFP 2022 / Mark Ralston中国外交部 対露制裁発動の可能性について「一方的な制裁には反対」
中国外交部 対露制裁発動の可能性について「一方的な制裁には反対」 - Sputnik 日本, 1920, 24.02.2022
中国外交部の華春瑩 ( フアチュンイン )報道局長は23日、中国はいかなる一方的な制裁にも反対であり、中国は制限措置が問題の最良の調整手段と捉えたことは一度もないと指摘した。
「中国が対露制裁を発動するかという問いですか? ということはあなた方は中国政府の制作を十分に理解しておられない。中国は違法な一方的な制裁には常に異議を唱えています」
華報道官は、米国財務省の発表によれば過去20年に米国が発動した制裁の数は10倍に増えたと補足した。
王氏 - Sputnik 日本, 1920, 22.02.2022
中国、本格的な対立に発展する可能性を警告 インド太平洋地域における米国の行動が原因で
「2011年から米国は100回以上の対露制裁を発動した。だが、我々は落ち着いて考え、討議できる。果たして米国の制裁は問題を解決しえただろうか? 米国の制裁で世界は良い方向へ変わっただろうか? ウクライナの問題を米国の反ロシア制裁で解決できるのだろうか? 欧州の安全保障は米国の対露制裁によってより確固としたものになるのか?」華報道官はこう問いかけた。
華報道官は、対話と協議で問題を調整するよう尽力を尽くすべきだと指摘した。
関連ニュース
中国 ウクライナ危機における米国の狙いを明らかに
中国 台湾への武器売却をめぐり米国に制裁発動へ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала