ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

米国、ウクライナへの軍派遣ない=ホワイトハウス

© AFP 2022 / Yurko Dyachyshyn米軍
米軍 - Sputnik 日本, 1920, 24.02.2022
米ホワイトハウスのジェン・サキ報道官は23日、米政府は、今後、情勢がどのように展開しようと、ロシアと戦闘するために米軍をウクライナに派遣するつもりはないと述べた。
サキ報道官は、定期会見を開いた中で、「何度繰り返すことになるか分からないが、バイデン大統領が、ウクライナ領内でロシアと戦うために米軍を派遣するようなシナリオは存在しない」と明言した
さらに報道官は、バイデン大統領はいかなる状況になろうとこの決定を変更することはないと強調した上で、「我々はロシアと戦争するつもりもなく、ウクライナに軍を派遣することもない」と強調した。
ドネツク人民共和国の指導者デニス・プシーリン氏 - Sputnik 日本, 1920, 24.02.2022
ウクライナをめぐる情勢
ドネツク・ルガンスク両共和国の指導者、プーチン大統領にウクライナ軍撃退の支援要請
ドンバス地方の情勢はここ数日緊迫度を増しており、ドネツク人民共和国、ルガンスク人民共和国は、ウクライナの治安部隊からの度重なる砲撃があったと報告している。また両共和国の指導部は、ウクライナからの侵攻の危険があるとして、女性や子ども、高齢者を中心に、住民をロシア南西部ロストフ州に一時避難させたことを明らかにした。またドネツク人民共和国の指導者であるデニス・プシリン氏は、ウクライナのウラジーミル・ゼレンスキー大統領が近く、軍部隊に対し、攻撃開始を指示し、両共和国への侵攻計画を実行する可能性があると述べた。2月19日、両共和国の指導者は徴兵のための総動員令に署名し、その後、ロシアに対し、独立承認を要請した。
ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、21日に安全保障会議を開いた後、テレビを通じてロシア国民を前に演説し、ドネツクとルガンスク両人民共和国の主権を早期に認めることが必要だと訴えた。また大統領は、ドンバス地方では、砲撃が続いており、民間人が殺害され、封鎖状態となっているが、世界はこのジェノサイドを見て見ぬふりをしようとしているとも指摘。その上で、プーチン大統領は、ドンバス地方での戦闘が続いた場合、その責任はウクライナ政府にあると述べた。国民に対する演説を行った後、ドネツク人民共和国、ルガンスク人民共和国の独立を承認する大統領令に署名した。プーチン大統領は、その中で、両共和国の平和維持を目的にロシア軍の派遣を指示した。
関連ニュース
ロシア2大銀行に対し「いとも簡単に」制裁を課す構えがある=米国務省
米、「ノードストリーム2」事業会社にも制裁
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала