iPhone 14 駆動時間が大きく改善へ

© Depositphotos / HalfpointApple iPhone 11 Pro
Apple iPhone 11 Pro - Sputnik 日本, 1920, 24.02.2022
Appleの新しいスマートフォンは、新しい5Gモジュールにより稼働時間の向上が図られる。台湾のサイト「Economic Daily News」が報じた。
Appleの新しいスマートフォンは稼働時間の向上が図られることになる。サプライチェーンの情報筋が記者に伝えたところによれば、TSMC社は、iPhone 14シリーズ用の5G対応チップの注文をすべて受注している。
iPhone - Sputnik 日本, 1920, 07.02.2022
IT・科学
2022年Appleイベント開催日が明らかに iPhone SE 3お披露目か
また、新しいチップはコンパクトサイズのため、容量のより大きいバッテリーをデバイスに内蔵することが可能となる。
専門家らは、2023年にAppleはパートナー企業のサービスを打ち切り、iPhoneを独自の5Gモデムに移行させる可能性があると予想している。
以前、インサイダーは、iPhone 14 Pro が2022年にリリースされるAppleのもっとも高額なスマートフォンとなり、同機のRAMが8ギガバイトになるとコメントしている。現在のiPhone13Proおよび13Pro Maxには、6ギガバイトのRAMが搭載されている。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала