キエフ、税率引き下げ求め数千人がデモ - Sputnik 日本, 1920
ウクライナをめぐる情勢悪化
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ゼレンスキー大統領、ウクライナで総動員令を発表

© AP Photo / Efrem Lukatskyゼレンスキー大統領、ウクライナで総動員令を発表
ゼレンスキー大統領、ウクライナで総動員令を発表 - Sputnik 日本, 1920, 25.02.2022
ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は25日、総動員令に署名したことを発表した。
ゼレンスキー大統領は24日、総動員に関する法案をウクライナ最高議会に提出した。
発表によると、総動員は90日以内に実施される。
18日、ドネツク人民共和国(DPR)のデニス・プシリン代表とルガンスク人民共和国(LPR)のレオニード・パセチニク代表は、ウクライナ領土からの侵攻の恐れがあるとして、女性、子ども、高齢者のロシアへの避難を開始すると発表した。これらの自称共和国は総動員令を発動し、18〜55歳までの男性の出国を禁止した。DPRの人口は約220万人、LPRの人口は約140万人。
軍事作戦はやむを得ない措置=プーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 25.02.2022
ウクライナをめぐる情勢悪化
軍事作戦はやむを得ない措置=プーチン大統領
ロシアのプーチン大統領は、24日午前のテレビ演説で、ドンバスの共和国の指導者の訴えを受け、「8年間ウクライナ政権による虐待、ジェノサイトにさらされてきた」人々を守るため、特殊軍事作戦を実行することを決定したと述べた。プーチン大統領は、ロシア政府の計画には「ウクライナの領土の占領は含まれていない」と強調した。
ロシア国防省は24日、ロシア軍はウクライナの都市に砲撃や空爆を行っておらず、軍事インフラを精密兵器で攻撃していると発表した。 同省は、「ウクライナ軍の軍事インフラ、防空施設、軍事飛行場、ウクライナ陸軍航空隊が高度な精密兵器で使用不能となっている」と発表。 また同省は、一般市民を全く脅かしていないと断言した。
関連ニュース
ロシア軍、ウクライナの軍事インフラ地上施設83ヵ所を破壊
ウクライナ ロシアとの国交を断絶
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала