ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

日本、対露制裁発動 ビザ発給停止

© Sputnik / Vitaliy Belousov日本、対露制裁発動 ビザ発行停止
日本、対露制裁発動 ビザ発行停止 - Sputnik 日本, 1920, 25.02.2022
日本の岸田首相は25日午前8時ごろ、記者会見を行い、ロシアに対する追加の制裁措置を発表した。
岸田氏は、資産凍結・査証発給停止によるロシア個人・団体への制裁、金融機関を対象とする資産凍結などの制裁を発表した。
また、同氏は半導体など汎用品のロシア向け輸出の禁止―を発表した。
岸田氏はクリル諸島(北方領土)を巡る交渉に関して「わが国の立場は変わらないが、影響を現時点で予断するのは控えたい」と語った。
米国の新たな対露制裁、石油企業やプーチン氏個人に影響=マスコミ - Sputnik 日本, 1920, 25.02.2022
ウクライナをめぐる情勢
米国の新たな対露制裁、石油企業やプーチン氏個人に影響=マスコミ
日本の外務省は24日、ウクライナ情勢の緊迫化を受けて、林外相を長とする緊急対策本部を立ち上げた。同省は、これまでの措置を点検するとともに、現地の情報収集を進め、邦人保護を含む対応を検討していくと発表した。
日本の林芳正外相は24日、駐日ロシア大使のガルーシン氏を外務省に呼び出し、ウクライナへの攻撃を非難し、軍の撤収を求めた。
関連ニュース
中国の王外相 ウクライナ情勢について中国の見解を表す
西側は対話取りやめの責任を忘れている=露外務省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала