ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

インド、イランの首脳らと電話首脳会談開催、ウクライナ情勢を協議=露大統領府

© Sputnik / Mikhail Klimentyev / フォトバンクに移行プーチン大統領
プーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 25.02.2022
ロシアのウラジーミル・プーチン大統領はインドのナレンドラ・モディ首相と電話会談を行い、ウクライナ情勢について意見を交わした。会談の中でプーチン大統領は、ウクライナ政府による東部ドンバス地域への攻撃的な政策についてロシア側の立場を伝えた。ロシア大統領府のプレスサービスが明らかにした。
プーチン大統領はウクライナを巡る情勢について議論を行った際、ドンバス地域の市民に対するウクライナ政府の攻撃的な政策についてロシア側の評価を伝えたという。この政策は攻撃的な性格で、停戦を定めたミンスク合意を根底から覆すものだったとのこと。
北部チェルノブイリと南部オデッサの一部をロシア軍が制圧=ウクライナ首相 - Sputnik 日本, 1920, 25.02.2022
ウクライナをめぐる情勢
北部チェルノブイリと南部オデッサの一部をロシア軍が制圧=ウクライナ首相
またロシア側が開始した特殊軍事作戦はウクライナ政府の攻撃的な政策、及び米国と北大西洋条約機構(NATO)がウクライナ領を軍事的に支配していることへの対抗措置と説明した。
なお、会談の中でプーチン大統領はウクライナに在住するインド市民の安全を保障するため必要な措置を講じると伝えたという。
またプーチン大統領はイランのエブラヒム・ライシ師とも電話会談を行った。ライシ師は反米の保守強硬派で知られる。プーチン大統領はこの会談で特殊軍事作戦の実行を迫られた状況について説明した。これに対しイラン側は米国、およびNATOの破壊的政策により安全保障上の義務を果たす必要性があったことして、ロシア側の行動に理解を示した。そのほか、両首脳はイラン核合意の維持、及び遵守を目的に外交的努力を続けることで合意した。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала