ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ロシア国防省 ロシア軍はキエフの居住区域を攻撃する予定はない

© Sputnik / Konstantin Mikhalchevsky / フォトバンクに移行ロシア軍
ロシア軍 - Sputnik 日本, 1920, 25.02.2022
ロシア国防省は、キエフの居住区域への攻撃は行わないと約束した。同省が発表した。
ロシア国防省がウクライナ国民に訴えた。声明では、「(スプートニク注:ウクライナの)民族主義的な指導者は、テロリストと同じ方法を用いている」と述べられている。
声明では、「あなた方は人間の盾として利用したいと思っている。ロシア軍はウクライナ首都(キエフ)の居住区域を攻撃することはない」と断言されている。
キエフ(アカイーブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 24.02.2022
ウクライナをめぐる情勢
ウクライナでの軍事作戦=主な事実
これよりも前、同省のイーゴリ・コナシェンコフ報道官は、ウクライナ政府はロシア軍人がいるホストメル飛行場を攻撃するため、多連装ロケットランチャー「グラート」を配備したと発表した。
コナシェンコフ報道官は、「ウクライナ政権が大砲の位置を隠すために居住区域を使用することは、戦争犯罪である。我々はこのやり方を熟知している。これらの技術は、米中央情報局(CIA)が指揮し中東などで活動するテロリストが積極的に利用する」と述べた。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала