ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ロシア軍、ウクライナの軍事インフラ地上施設83ヵ所を破壊 

© Sputnik / Sergey Averin / フォトバンクに移行ロシア軍、ウクライナの軍事インフラ地上施設83ヵ所を破壊 
ロシア軍、ウクライナの軍事インフラ地上施設83ヵ所を破壊  - Sputnik 日本, 1920, 25.02.2022
ロシア国防省のコナシェンコフ報道官は24日、記者団に、ロシア軍がウクライナの軍事インフラを攻撃し、地上施設83ヵ所を破壊したと発表した。
ロシアのプーチン大統領は24日、経済界の代表者らとの面会で「(現在)起こっていることは、やむを得ない措置だ。我われには別の行動をとるチャンスが残されていなかった。安全保障分野でのリスクが生み出され、別の手段では対応が不可能だった」と述べた。
これに先立ち、プーチン氏は、ドンバスを守るための特殊軍事作戦を決定したと発表した。プーチン氏はロシア国民向けのテレビ演説で「現在の状況は、我々に決定的かつ迅速な行動をとることを要している。ドンバス地域の2つの共和国は、ロシアに支援を求めた」と述べた。プーチン氏によると、流血の全責任はウクライナ政権の良心が負う。プーチン氏はウクライナ軍に対し、ウクライナ当局の罪深い命令を実行せず、「武器を置いて家に帰るよう」呼びかけた。
その後、ロシア国防省は、ロシア軍はウクライナの都市に対するミサイル攻撃、空爆、砲撃は行っておらず、高精度の兵器によってウクライナ軍の軍事インフラ、防空施設、軍用飛行場などを破壊していると発表した。国防省は、民間人には何も脅威を与えていないと強調した。
関連ニュース
武器を捨てたウクライナ兵士の数は増えている=ドネツク人民共和国指導者
ロシア外務省 ウクライナとの関係断絶は我々の選択ではない
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала