ベラルーシ政府高官らに対する措置検討=林外相

© Sputnik / Viktor Tolochko / フォトバンクに移行ベラルーシのルカシェンコ大統領
ベラルーシのルカシェンコ大統領 - Sputnik 日本, 1920, 28.02.2022
日本の林外相は28日の衆院予算委員会で、ベラルーシへの制裁について「同国政府高官を含む個人に対する措置等の検討を進めている」と述べた。
林氏は参院予算委員会で「この今般のロシアによるウクライナ侵略については、日本としてG7をはじめとする国際社会と連携して対応してきている。ベラルーシはロシア軍によるベラルーシ領域の使用を認めるということで、ロシアの軍事行動を支えているわけなので、日本として同国を強く非難するところだ。ベラルーシに対する制裁については、すでに米国が個人制裁または金融制裁の実施をすでに発表し、その他G7各国も制裁の実施を表明したところであるため、日本としても同国政府高官を含む個人に対する措置等の検討を進めているところだ」と述べた。
日本の林芳正外相 - Sputnik 日本, 1920, 20.02.2022
ウクライナをめぐる情勢悪化
G7外相、ウクライナ侵攻でロシアは大きな代償を=林外相
これに先立ち、ベラルーシのルカシェンコ大統領は、ウクライナは自国の問題をベラルーシに押し付けるべきではないとし、ロシアの作戦におけるベラルーシの役割はロシア軍が背後から攻撃されるのを防ぐことだと表明した。また同氏は、ウクライナ領土からベラルーシ領土に武器が持ち込まれたほか、ベラルーシで挑発行為を行うためにウクライナで違法な武装集団が準備されたと指摘した。
ロシアのプーチン大統領は、24日午前のテレビ演説で、ドンバスの共和国の指導者の訴えを受け、「8年間ウクライナ政権による虐待、ジェノサイトにさらされてきた」人々を守るため、特殊軍事作戦を実行することを決定したと述べた。プーチン大統領は、ロシア政府の計画には「ウクライナの領土の占領は含まれていない」と強調した。
ロシア国防省は24日、ロシア軍はウクライナの都市に砲撃や空爆を行っておらず、軍事インフラを精密兵器で攻撃していると発表した。 同省は、「ウクライナ軍の軍事インフラ、防空施設、軍事飛行場、ウクライナ陸軍航空隊が高度な精密兵器で使用不能となっている」と発表。 また同省は、一般市民を全く脅かしていないと断言した。
関連記事
日本外務省、ウクライナ危険情報を最高度に引き上げ
日本 岸田首相 国際情勢はロシアがクリミアを併合した2014年と比べて大きく変化
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала