アサヒビール工場閉鎖で地元は大きな打撃を受ける=現代ビジネス

アサヒ
アサヒ - Sputnik 日本, 1920, 28.02.2022
日本のアサヒグループホールディングスは15日、傘下のアサヒビールの神奈川工場と四国工場の操業を2023年1月末に終了すると発表した。
「現代ビジネス」は28日、アサヒビール神奈川工場がある神奈川県南足柄市は、工場閉鎖で大きな打撃を受けると報じた。
アサヒグループホールディングスは15日、神奈川工場と四国工場の操業を2023年1月末に終了すると発表した。理由は「中長期的な市場動向をふまえ、グループ全体の生産性および収益力向上を図るため」で、両工場に所属する137人の社員については再就職支援サービスの提供などを実施し、操業終了後の工場跡地の活用については検討中だという。
現代ビジネスは28日、神奈川工場の関連会社や施設を含めた従業員は300人を超え、さらにアルバイトもおり、工場閉鎖で地元関係者は職を失うことになると指摘し、同工場は工場見学も実施し、訪れた大勢の見学客が地元におカネを落としてきたため「南足柄市からすれば貴重な収入源がごっそりなくなる」ほか、市内のふるさと納税事業者を引用し、アサヒビールはふるさと納税の返礼品としても人気が高かったため、工場が閉鎖されるとその需要もゼロになってしまうと報じた。
現代ビジネスは「このようなケースが頻発すれば地方自治体は一気に衰退していくことになる」と指摘している。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала