ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ロシア、ウクライナの代表団交渉が終了

© Sputnik / Alexandr Kryazhev / フォトバンクに移行ベラルーシのゴメリで行われていたロシアとウクライナの代表団による交渉が終了した。
ベラルーシのゴメリで行われていたロシアとウクライナの代表団による交渉が終了した。 - Sputnik 日本, 1920, 01.03.2022
ベラルーシのゴメリで行われていたロシアとウクライナの代表団による交渉が終了した。リアノーボスチ通信の記者が報じた。
ロシア代表団の団長を務めたウラジーミル・メディンスキー露大統領補佐官は、交渉では共通の立場の予測が可能な、いくつかのポイントが見い出されたと確証した。
メディンスキー露大統領補佐官は、次回のロシアーウクライナ間の交渉はポーランドとベラルーシの国境地帯で実施されると明かした。
ウクライナ代表団の団長を務めた、ウクライナ大統領事務局のミハイル・ポドリャク大統領顧問は、双方が具体的な解決策を示す、最優先の議題を明確にしたと明らかにした。両国の代表団はこれからそれぞれの首都に戻り、協議を行う。ポドリャク宇大統領顧問は、次回、交渉の第2ラウンドが成立した場合、今日のテーマは進展すると付け加え、ウクライナにとっての会談の主目的は、停戦についての討議であったことを強調した。
関連ニュース
ウクライナはドンバスの接触線に12万人の軍部隊を集結させた=ロシア国連大使
ドネツク共和国でロシア記者団が砲撃に遭遇
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала