犬に深い感情 友達の死を嘆き悲しむことができる 研究結果

© Sputnik / Alexandr Kryazhev / フォトバンクに移行犬に深い感情 友達の死を嘆き悲しむことができる 研究結果
犬に深い感情 友達の死を嘆き悲しむことができる 研究結果 - Sputnik 日本, 1920, 01.03.2022
ミラノ大学のフェデリカ・ピロンネ研究者が率いるチームは、犬の感情を研究し、犬は友達の犬の死を深く悲しむことが明らかになった。研究結果はScientific Reportsに掲載されている。
チームは以前、他の友達の犬と暮らしていて、その後死に別れを経験した426匹の犬を分析した結果、90%の犬が友人の犬の死に非常に苦しんでいたことがわかった。しかも飼い主も犬の死を嘆き悲しんでいた場合、犬の嘆きも増すことがわかった。
また犬の嘆きは友達と過ごした時間が長く、一緒にご飯を食べ、遊んだ時間が長い場合、より哀しみが深くなることがわかった。犬の哀しみは動きが少なくなる、遊ばなくなる、食欲が落ちる、怖がりになる、他の注意をたくさん要すようになるなどに表される。
関連ニュース
仏大統領選 共和党の党内投票に死者や犬が参加
飼い主から絵を習った犬 230万円を稼ぐ 米国
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала