ブレント原油、1バレル=110ドル台で取引 2014年7月以来

© Sputnik / Maksim Bogodvid / フォトバンクに移行Нефтяная качалка неподалеку от Ямашинского сельского поселения Альметьевском районе Республики Татарстан
Нефтяная качалка неподалеку от Ямашинского сельского поселения Альметьевском районе Республики Татарстан - Sputnik 日本, 1920, 02.03.2022
2日、世界の原油価格は5%上昇し、ブレン原油は1バレル=110ドル台を維持し、WTI原油は110ドルに近づいた。
夜にブレント原油は111ドルを突破し、2014年7月4日以来の高値を付け、WTI原油は一時109.3ドルに達した。
対ロシア制裁による原油供給の停止やエネルギー会社のロシアからの撤退に関する懸念が高まる中で、原油価格が上昇している。英石油大手BPやシェル、ノルウェーのエネルギー大手エクイノール、オーストリアのエネルギー大手OMV、米石油大手エクソンモービルなどがすでにロシアからの撤退を発表している。
1日に加盟国が備蓄している石油を計6000万バレル協調放出することで合意した国際エネルギー機関(IEA)の決​​定は、原油取引に大きな圧力を与えていない。
ウォール・ストリート・ジャーナルによると、オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)のシニア・コモディティー・ストラテジスト、ダニエル・ハインズ氏は「このような大量供給による停止のリスクは、放出される備蓄のこのような群を抜いた量でさえも抑止効果を与えない可能性を意味している」との考えを示した。が報じた。
関連記事
国際エネルギー機関、石油備蓄6000万バレルの協調放出で合意=マスコミ
韓国、欧州へのガス転売や戦略石油備蓄放出を検討=外務省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала