IPC、ロシアとベラルーシの選手を北京パラリンピックから除外

© Sputnik / Павел Бедняков / フォトバンクに移行Церемония закрытия XXIV Олимпийских игр в Пекине
Церемония закрытия XXIV Олимпийских игр в Пекине - Sputnik 日本, 1920, 03.03.2022
国際パラリンピック委員会(IPC)は3日、ロシアとベラルーシの選手について、北京冬季パラリンピックへの参加を認めないと発表した。
IPCは2日、ロシアとベラルーシの選手が中立の立場で北京パラリンピックに参加することを認める決定を下し、メダルは授与されるが、国別のメダルランキングにはカウントされないとしていた。
国際パラリンピック委員会(IOC)は2月28日、ロシアとベラルーシの選手を国際大会から除外するよう国際競技団体などに勧告した。
ロシアのプーチン大統領は、24日午前のテレビ演説で、ドンバスの共和国の指導者の訴えを受け、「8年間ウクライナ政権による虐待、ジェノサイトにさらされてきた」人々を守るため、特殊軍事作戦を実行することを決定したと述べた。プーチン大統領は、ロシア政府の計画には「ウクライナの領土の占領は含まれていない」と強調した。
ロシア国防省は24日、ロシア軍はウクライナの都市に砲撃や空爆を行っておらず、軍事インフラを精密兵器で攻撃していると発表した。 同省は、「ウクライナ軍の軍事インフラ、防空施設、軍事飛行場、ウクライナ陸軍航空隊が高度な精密兵器で使用不能となっている」と発表。 また同省は、一般市民を全く脅かしていないと断言した。
関連記事
「これは差別であり、アスリートの権利の重大な直接侵害」 プルシェンコ、ISUのロシア除外について語る
ISUがロシアおよびベラルーシ選手の大会出場を禁止
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала