西側諸国は一極世界の確立と国連における覇権目指している=ベネズエラ大統領

© Sputnik / Sergey Guneev / フォトバンクに移行Президент Боливарианской Республики Венесуэла Николас Мадуро на пленарном заседании в Москве
Президент Боливарианской Республики Венесуэла Николас Мадуро на пленарном заседании в Москве - Sputnik 日本, 1920, 04.03.2022
ベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領は、国営放送VTVテレビ VTVに出演した中で、欧米諸国は一極世界の確立と国連における覇権を目指していると述べ、欧米は第二次世界大戦後に構築された世界の安全保障体制の崩壊に対する責任があると主張した。
マドゥロ大統領は、「覇権を目指しているのは他でもない欧米諸国であり、我々はこれまでにもそのことを世界各国に訴えてきた。欧米諸国は新たな一極世界を確立しようとしており、自らの利益に敵うよう、国連および国連関連組織で主導権を握ろうとしている」と述べた。
また世界で起こっていることに対する責任は米国と欧州諸国にあるとし、ロシアに対する攻撃後の世界秩序において、欧米はあらゆる民族を従わせようとする可能性があるとも指摘した。
関連記事
第3次世界大戦は核兵器による破壊的なものになる 露外相
ロシアはウクライナの非軍事化を可能にする=露外務省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала